CRAの転職のポイント

>>看護師の資格をお持ちの方はこちら<<

CRAの転職のポイント

CRAに転職するためには、いくつかのポイントをおさえて転職活動を行う必要があるようです。CRAという職業に就くためには、基本的には製薬会社あるいはCROと呼ばれる医薬品開発業務受託機関に勤務する必要があるのですが、これも大きく分けて3つの勤務方法があるようです。

一つは、製薬会社の社員として勤務する方法です。製薬会社の社員としてCRAになる場合には、「自社製品の開発」に携わる事になるため、非常に大きなやりがいを感じる事ができると言えます。ただ、近年の景気の状況や、人件費削減の傾向が強くなってきている事などからも、製薬会社での採用自体が非常に少なくなっており、新卒であっても困難を極めると言えるようです。

二つ目はCROの社員として勤務する方法です。CROの社員として勤務する場合には、大きくは「受託型」と「派遣型」の2種類に分けられており、ほとんどの場合が「受託型」となっています。受託型の場合、製薬会社から依頼を受けた開発業務を、主にCROの社員が行っていきます。特定の製薬会社だけでなく、さまざまな製薬会社からの開発業務の依頼を受託する事になるため、業務は幅広く、多くの知識を得る事も、また、活用する事も可能となります。ただ、製薬会社と医療施設との間に挟まれ、さまざまな情報が入り乱れる事もあり、管理が難しいといった難点があるようです。また、派遣型の場合には、CROの社員だけでなく、製薬会社の開発部門の人たちと共同で業務を行っていく事になるのですが、派遣される事でさまざまな製薬会社に勤務する事ができるため、より幅広い経験を積む事が可能となっています。ただ、派遣先が定期的に変わる事で、その会社ごとのやり方や方針に慣れるのに時間がかかるなどの問題も抱えているようです。

そして三つ目が派遣会社の社員として勤務する方法です。派遣会社の社員としての勤務は、CROの派遣型とほぼ同様だと言えます。派遣先の製薬会社のCRAという立場に立って業務を行う事ができますので、大きなやりがいを感じる事ができ、また、派遣先の変更によって、また新たな経験を積んでいく事ができるため、幅広い業務に対応していくだけの能力を養う事が出来ると言えます。ただ、派遣という雇用形態のため、次の派遣先が決定するまでの間は仕事が切れてしまうといった不安定な面も抱えていると言えます。

このように、雇用形態をはじめとしてCRAに転職する上で重要な点をおさえて、転職活動をする必要がありそうです。

薬剤師向け!CRAに強い求人サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>CRA転職サイトランキングの2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 CRA求人.jp【※人気のCRA求人サイトを掲載中】 All Rights Reserved.