CRAとCROの違い

>>看護師の資格をお持ちの方はこちら<<

CRAとCROの違い

現在、多くのCRAは、CROと呼ばれる機関で活躍しています。このCROとは、医薬品開発業務受託機関の事で、製薬メーカーから依頼を受けて、臨床開発を行っている企業の事を指しています。

医薬品の開発には、10年、15年といった非常に長い年月が費やされています。この中で最も多くの時間をかけて行われるのが臨床試験と呼ばれる部分であり、まさにそこがCRAの業務となっているのです。基礎的な開発段階や、非臨床試験と呼ばれる動物実験などの段階は製薬メーカーが行う事がほとんどで、その後の、人体による試験が主なCRAの業務であり、また、CROに任された業務であるのです。このように、新薬開発にとって非常に重要な業務を任されているのがCROであり、そのCROにおいてそういった重要な業務を直接担当しているのがCRAだと言えるのです。

よく、医薬品の開発を行っているのは製薬メーカーだけであるかのような誤解をしている人がいます。ですが、実際には、製薬メーカーが行うのは基礎的な研究の部分と動物実験などによる大まかな安全性の確認までにとどまり、人体に対する安全性や有効性の確認など、医薬品において最も重要とされる部分については、実はCROによって行われているのです。ですから、製薬メーカーで新薬開発に携わりたいと考えていながらも、求人がほとんどない・・・などのように諦めてしまう人も多いのですが、このような場合には視点を変え、CROにCRAとして就職し、新薬の開発に違った側面から携わるという事も可能なのです。また、製薬メーカーの研究職の募集では、新薬開発に携わった経験がある事が条件となっている事もあり、CROでのCRAとしての経験は非常に有利に働くという事もわかっています。製薬メーカーで研究職として活躍する事しか念頭にない場合には、CRAなどつまらない職業だと思ってしまっているかもしれません。しかし、製薬メーカーでの直接採用以外の方法で、最も製薬メーカーの研究職に近く、また、同等と言える業務が行えるのは、他でもないCROのCRAであるのです。

このように、CROのCRAたちは、就職した先こそ製薬メーカーではないものの、行っている業務は製薬メーカーのそれと何ら変わりはなく、それどころか、より多くの試験等の業務、より重要な業務を実施しているのです。CROのCRAは、新薬の開発という世界的テーマに携わる事のできる、非常に魅力あふれる業務だと言えそうです。

薬剤師向け!CRAに強い求人サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>CRA転職サイトランキングの2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 CRA求人.jp【※人気のCRA求人サイトを掲載中】 All Rights Reserved.